みんなのための一歩:依存症との向き合い方と予防の秘訣

『依存症』と聞くと、みなさんはどんなイメージをお持ちですか? 身近に依存症の人がいない場合、この問題は遠く感じられたり、少し怖いものとして捉えられがちですよね。でも、実は『依存症』は、私たち誰にでも起こりうる「病気」なんです。『依存症』には、ギャンブル依存症やアルコール依存症、薬物依存症など、さまざまな種類があります。

多くの人が「依存症になるのは、意志が弱いから?」とか、「本人がだらしないからでは?」と思われがちです。でも、それは大きな誤解なんです。『依存症』は、本人の意志とは関係なく、心と体がその状態になってしまう病気。だから、『依存症』になってしまうと、本人がどんなにやめたくても、一人ではなかなかやめられないのです。

依存症と向き合った有名人たち

実は、多くの有名人も依存症と向き合ってきました。たとえば、『スター・ウォーズ』でレイア姫を演じたキャリー・フィッシャーは撮影中にもコカインを使用していたほどであり、『グレイテスト・ショーマン』に出演したザック・エフロンも、アルコール依存(一部では薬物中毒と言われている)で治療を受けていたとか。

そして、ブラッド・ピットもアルコール依存症で、治療のために「AA(Alcoholic Anonymous)」という自助グループに参加していました。ケイト・モスは薬物依存で、リハビリ施設に入所し、当時2歳の娘と別居せざるを得なかったという経験があります。

『依存症』は決して「自分とは無縁の少数派のお話し」ではなく、私たちの身近にも起こる可能性のある問題でもあるのです。そして、よく知る有名人でさえも『依存症』という病気と向き合い、乗り越えてきたことは、私たちに大きな勇気を与えてくれますね。

『依存症』について、もっと理解を深めることで、自分や大切な人が『依存症』になるのを防ぐことができますし、もしもの時には適切な対応ができるようになるはずです。それが、私たち一人ひとりの小さな一歩になるといいですね。

依存症とは?

『依存症』について、少し詳しくお話ししましょう。『依存症』は、特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」という状態を指します。これは厚生労働省の定義にも合致しています。

多くの人は、『依存症』というと「心の弱い人がなるもの」と思いがちですが、『依存症』は誰にでも起こり得る病気です。そして、『依存症』が進行すると、ストレス耐性が低下し、普段なら簡単にできることさえ困難になることがあります。

『依存症』は、本人だけでなく、家族や周囲の人々にも影響を及ぼします。例えば、アルコール依存症の場合、お酒をやめたくてもやめられないため、健康を害したり、仕事や人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。ギャンブル依存症も同様に、ギャンブルを止められずに借金を重ね、家族を困らせることもあります。

『依存症』の根本的な問題は、意志の弱さではなく、脳の機能にあります。何かの刺激によって脳内の報酬回路が活性化し、アルコールやギャンブル、薬物などが供給されると、快楽物質が分泌されます。これにより、喜びを感じる機能が徐々に低下し、強い刺激を求めるようになります。この悪循環が進むと、気づいた時には自分の意志だけではコントロールできない状態になってしまうのです。

どんな人が依存症になるの?

『依存症』は、本当に誰にでも起こり得る病気です。それは決して、心が弱いから、やだらしないからという理由ではないのです。でも、『依存症』になりやすい人の特徴というのはあるようです。

自分に自信がない
人を信頼できず、人に本音が言えない
孤独
自分を大切にできない
などです。

もし、周りに信頼できる人がいて、自分の本心を打ち明けることができれば、困難な時に薬物やアルコールに頼ることなく、乗り越えられるかもしれません。実は、薬物やアルコール依存の人は、困難に直面した時、人に頼るのではなく、それらに頼って、気分を変えてしまうようです。

性格的には、だらしない人ではなく、完璧主義で、一生懸命な、本当に優しい人が多いのです。

そして、遺伝的な要素も関係していることがあります。たとえば、アルコール依存症の場合、親がアルコール依存症である人の中には、子どもも依存症になるリスクが高い方がいます。また、ギャンブルにはまりやすい遺伝子があると言われていて、その遺伝子を持つ人は、一度ギャンブルで大きな成功を収めると、その魅力にはまりやすいそうです。

家族や親戚にアルコール依存症やギャンブル依存症の人がいる場合、遺伝は100パーセントではありませんが、アルコールやギャンブルを避けることも大切かもしれません。それは、自分を守るための大切な一歩です。

『依存症』について理解することは、自分自身や大切な人を守るために、とても大切なことです。そして、もし『依存症』になる兆候があれば、それは一人で抱え込まないで、周りの人たちや専門家に相談してみてくださいね。周りには、あなたを支えてくれる人がきっといます。

依存症かなと思ったら

『依存症』について、もし「もしかして…」と思う瞬間があれば、その感覚を大切にしてください。

『依存症』の特徴の一つに「否認」というものがあり、これはやっかいなことに、自分自身が『依存症』であることを認めたくない心理なのです。たとえば、アルコールが手放せない人に対して、「アルコール依存症ではないか」と尋ねても、多くの場合、その人はそれを認めたがりません。「問題ない」「やめたいと思えばいつでもやめられる」と、本人も思い込んでいるのです。このように、自分の状況を軽く見たり、飲酒の原因を他のことに転嫁したりすることもあります。

自分が『依存症』かもしれないと感じたり、ご家族や友人がそうかもしれないと思ったら、横浜市のホームページにあるセルフチェックを試してみるのが良いでしょう。ここには、アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、インターネット依存症のセルフチェックができます。

依存症セルフチェック

チェックの結果が、『依存症』に近いと感じた場合は、遠慮せずに専門の相談窓口や病院に相談してみてください。『依存症』は適切な治療によって、回復する可能性があります。依存症対策全国センターのホームページでは、お住まいの地域の依存症専門相談窓口を探すことができます。

大切なことは、自分や周りの人が抱える問題に対して、積極的に向き合うことです。『依存症』は、一人で悩むよりも、専門家の手を借りて解決に向かうことが大切です。あなたの勇気ある一歩が、回復への道を開くことでしょう。

自分でできる対処法

『依存症』は、一度なってしまうと、自分の意志だけではやめるのが難しい病気です。ですから、もし『依存症』かなと思ったら、早めに専門相談窓口や病院で相談することをお勧めします。

でも、まだ『依存症』の初期段階で、「このままだとマズイかも」と感じている場合は、自分でできる対処法として、以下のポイントを紹介します。これは、アルコール依存症に限らず、他の依存症にも応用可能な方法です。

日記をつけることで心の動きを知る

毎日のお酒の量や、お酒を飲む前後の気持ちを、日記に記録してみましょう。これにより、なぜお酒を飲みたくなるのか、その理由や感情をゆっくりと理解できるようになります。

思考の見直し

「お酒を飲まないと眠れない」という考えに、疑問を投げかけてみましょう。そして、「リラックスする別の方法を見つけたら、お酒なしでも眠れるかもしれない」と、心を落ち着かせる新しい考えを受け入れてみてください。

リラクゼーションを取り入れる

心を落ち着かせるために、瞑想や深呼吸、リラックスできる音楽を聴くなど、穏やかな時間を作ってみましょう。これは、ストレスを和らげるのに役立ちます。

他の活動への時間の割り当て

お酒の代わりに、運動をしたり、趣味に没頭したり、友人と過ごす時間を大切にしましょう。これらの活動は、心を満たし、お酒への依存から離れる助けとなります。

小さな目標とその達成の喜び

「今日はお酒を1杯しか飲まない」といった小さな目標を立てて、それを達成したら、自分を褒めてあげましょう。これは自信をつける一歩です。

サポートネットワークの活用

周りの人々、家族や友人、オンラインコミュニティなど、支えとなる人たちとの関係を大切にしてください。あなたを助けてくれる人は、意外と身近にいるものです。

これらの対処法は、依存症への対策だけでなく、全体的な心身の健康を促進する効果もあります。また、これらの対策を実施する中で、必要に応じて専門家の助けを求めることが重要です。自分自身の健康と幸福のために、これらの一歩を踏み出しましょう。

依存症にならないために

『依存症』になると、自分だけでなく周りの人にもたくさんの影響を与えてしまうことがありますね。そして、一度依存症になると、自分の意志だけではやめられなくなることも、とても心配なことです。

『依存症』を防ぐためには、まずは依存症について理解することが大切です。そして、依存するものにはできるだけ近づかないようにしましょう。

たとえば、薬物に関しては、最初から手を出さないことが重要です。友人から「これを飲めば痩せられるよ」と勧められても、その薬が本当に何なのか分からないときは、断る勇気を持ってください。ちょっとした好奇心が、思わぬ大きな代償を払うことにつながるかもしれませんから。

アルコールについても、適量を守って楽しむことが大切です。悩みや苦しみを紛らわすためにお酒に手を出すのは避けて、他の方法で解決するようにしましょう。お酒に頼ると、結局はさらに心が重くなることが多いものです。

そして、ギャンブルに関しては、もし自分がギャンブルにハマりやすい遺伝子を持っているかもしれないと思うなら、最初から避けることが賢明です。ギャンブルは、結局は胴元が儲かる仕組みになっているので、「ギャンブルで一発逆転」は現実的ではありませんね。特に、ギャンブルに興奮する方は、『依存症』になるリスクが高いかもしれません。自分だけでなく、大切な家族のためにも、ギャンブルはしないようにしましょう。

『依存症』を防ぐためには、自分自身を守るために、ちょっとした勇気が必要です。そして、もし困難なことがあれば、周りの人たちや専門家に相談することが、一番の力になります。

まとめ

自分自身や大切な人を傷つけてしまうことは、誰もが避けたいですよね。『依存症』は、本当に誰にでも起こり得る病気です。

自分が何かにハマりそうだと感じたら、最初から距離を置くことが、とても大切です。もし、何かに依存してしまいそうになったら、勇気を持って声を上げてみてください。一人で抱え込むのではなく、あなたの周りにいる人たちに頼ることが、とても大切なのです。

苦しい時、悩んでいる時に物事や何かに頼るのではなく、家族や友人、家族のように親しい仲間に頼ってみましょう。彼らはきっと、あなたを支えてくれるはずです。そして、彼らの支えを借りることで、人とのつながりの中で社会生活を送れるように変わっていく力をもらうことができるでしょう。

『依存症』は、一人で解決しようとすると難しいですが、周囲の人たちの支えがあれば、乗り越えられるものです。あなたが勇気を出して声を上げることが、大きな一歩になります。そして、あなたは一人じゃないということを、忘れないでくださいね。

セッションのお申込み

関連記事

  1. 小室眞子さま(秋篠宮家のご長女)の報道などでも注目されている…

  2. 深い睡眠を手に入れる!ベッドに入って10分瞑想。のすすめ

  3. 幸せな人生を諦めない!自己価値観を高める方法3選

  4. 「繊細さん」HSPのことをもっと知ろう! ~繊細で優しい心の…

  5. 【アビギャアナンド君】コロナを予言したインド占星術師が助言す…

コメント

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP