1年間の最強運を手に入れる!【節分と立春】のスピリチュアル的な過ごし方!

2月4日立春

 応援よろしくお願いします
   ↓      ↓
 
  にほんブログ村ランキング

こんにちは!
もうすぐ立春を迎えますね。

立春は二十四節気で春の始まりや1年の始まりをあらわします。二十四節気はもともと中国で季節を記録するために使われていたお月様の暦、太陰暦を春夏秋冬で二十四分割したもので、紀元前の中国で生まれた太陽の動きに基づいた暦です。

そして現代の日本では、立春は国立天文台の観測で太陽黄経が315度になった瞬間が属する日だと定められています。

東洋では1年の運気の始まり

新しい1年がスタートしてしばらく経ちますが、東洋系の占いの新年は実はこの立春である事が多いんです!東洋の占術はルーツを辿れば中国に由来するものが多いのがその理由です。

ちなみに西洋の占いは3月で新年を迎えたりと占術によって新年の時期が異なるので、1年の運勢を見てもらう方は1月~3月ぐらいまで何で占ってもらったか、その占いの新年はいつ切り替わるのかを確認しておきましょう。

そして先程お伝えした通り、東洋の占い界では立春をもってやっと新年をお迎えしたことになるんですね。

さて、ではそんな素晴らしい新年のスタートをどうお迎えすれば、これからの1年が幸多きものになるでしょうか。

節分に行う行事の正しい順序とその意味

豆まき

ところで立春とは切っても切り離せない存在がありますね。立春の前日は……そう、節分です。現代でも新年を迎える前の日、大晦日までに大掃除をして1年の邪を払い、新年を迎える準備をしますよね?

節分は二十四節気では大晦日にあたります。古くから豆には邪(鬼)を打ち払う力があるとされ、「鬼は〜外!」の掛け声とともに自分の住まいを浄化し、新たな運を受け入れられる環境作りをします。

恵方巻き

そして、いい運を迎え入れるために「恵方巻き」を食します。恵方は方位学での吉方位の利を得る効果的な開運法です。九星方位学でも方位取りといって恵方の力を取り入れる、引越しの時などによく取り入れられる開運法がありますね。

何気なく小さな時からしていた行事にも実はしっかりとした意味がある事がわかればしっくりきますよね。

上記でも説明した通り、邪を払い清めたところに恵方の良い運気を取り入れるため、豆まき→恵方巻きの順番で行いましょう。片付けの大変さや、デザートのように豆を食べたりと、逆になってしまっている事が本当に多い……行動の意味を理解してしっかりラッキーを取り入れていきましょうね!

立春にオススメの食べ物

さて前日の節分を過ごしたあとはいよいよ新年である立春を迎えます。
立春は新年なのであまりせかせかせず、ゆったりと過ごしましょう。

お豆腐

豆腐は昔から「邪気を追い祓うほどの霊力が宿る」と言われており、節分と同じく豆の力で身を清めるために食します。節分で豆腐を食べると罪穢れが祓われ、立春では、清められた体に幸せがやってくるとされています。

立春朝搾り

立春の日の朝に絞ったお酒を飲むといいとされております。立春朝絞りのお酒を販売している蔵元は大変少ないので、準備がむずかしい場合には、お神酒のように少量のお酒で身を清めてもいいでしょう。

生の和菓子

桜餅やうぐいす餅のように生の季節の和菓子を食べると縁起がいいとされます。立春の日の朝に作ってその日のうちに食べる生菓子は「立春生菓子」と呼ばれます。立春の朝にできた「立春大福」も人気があります。

若水

立春の日の朝に初めてくむ水を「若水(わかみず)」と呼び、健康や幸せを導く水とされています。年神に供えたり、口をすすいだり、沸かして福茶にして飲みます。

※福茶の作り方・・・湯飲み茶碗に、三毒を絶ち、難を逃れるとされる梅(梅干し)、まめに働けるとされる豆(黒豆や福豆など)、喜ぶとされる昆布(塩昆布、結び昆布など)を入れ、そこにお湯または煎茶やほうじ茶などを注ぎます。

オススメは上記になりますが、立春はこの日から新年というだけでなく、春の始まりを表す日でもあるので、春が旬の食べ物を取り入れるのも、縁起がいいでしょう。

立春のおススメの過ごし方

神社やお寺にお参りする

お参りのコツは神様にお願いごとをするのではなく、昨年度や日頃の感謝をしっかりと伝え、今年の抱負を宣言という形でお伝えしましょう。

「天は自ら助くる者を助く」という言葉があるように、神様は自分で頑張っている人を応援し手助けしてくださいます。自分の決意をしっかりとお伝えして新年のスタートをきりましょう。

お参りをした際に、もし売っていれば「立春大吉」と書かれた御札を買って帰るといいでしょう。このお札を家の入口や大事な部屋の入口に貼っておくと、払いきれなかった鬼がもし門から入ってきても、そのお札を見て出ていってしまうと言われています。また招運来福の効果があるとも言われています。

自分で作れる幸運を呼ぶお守り


そしてなんと!!このお札は自分で書いて貼っても効果があるものなので、お寺や神社にお参りのタイミングが無かった、行ったけど売っていなかった、自分で開運法を行いたい!

そんなあなたは是非自分で紙に「立春大吉」と書いて作ってみてくださいね!この立春大吉のお札は入口の目線より高いところに貼っておくと効果があるとされています。

是非手に入れた・作ったお札をおうちの気になるところに貼って悪い運気を跳ね返しいい運気を呼び込んでいきましょう。

新しい1年を迎える立春のオススメの過ごし方についてお伝えしてきましたがどうでしたでしょうか?

昨年の1年を思い返してみてあまり運勢が良くなかった。既に占いで来年の1年の運気をみてもらったが今年はちょっと大変そうだ……。そんなあなたは上記の中でも邪を払い身を清めることに時間をかけて取り組んでみてください。

1月1日とは違いお休みなどではないので、取り入れらる範囲で無理なく実践してみてくださいね。
そして今年1年がよきものになるよう、自分のやりたいことを明確化しここから突き進んでいきましょう。

皆さんの1年が素敵なものになりますように。

 応援よろしくお願いします
   ↓      ↓
 
  にほんブログ村ランキング

関連記事

  1. 今年を必ず恋色の年にする!【バレンタイン12星座別心をつかむ…

  2. 金運が絶好調になる日!?3月26日は年に1度だけのスペシャル…

  3. 最も清らかな願いが一つだけ叶えられる#ウエサク満月…

  4. 【秋分の日】スターゲートが開くとき!宇宙からのエネルギーを活…

  5. 【新月の祈り】五月祭・日食が重なるおうし座新月!ハッピーを呼…

  6. 2022年【春分の日】スピリチュアルな意味と開運する過ごし方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP