《チャクラ》自分でできる7つのチャクラ診断。チャクラの説明と、滞りのポイントをチェック!

チャクラ診断

チャクラとは

ヨガや瞑想に興味がある方は「チャクラ」という言葉を耳にしたことがあると思います。 チャクラとはサンスクリット語で「輪、車輪、回転」を意味する言葉です。 人体には主要な7つのチャクラがあり、簡単にいうと「エネルギーが出入りしている場所」です。

外の世界と内なる体の世界が持つ「気(エネルギー)」の交換をする、エネルギーセンターであり、 このチャクラが健康的に機能していれば、体・心・魂のバランスがとれた「健康」な状態を保ち、 快適でエネルギーに満ちた毎日を過ごすことができます。

しかし、チャクラが不活発な場合、人生のさまざまな場面に問題がでてくるでしょう。 滞っている時のチェックポイントもお伝えしますので、ぜひご自分でチェックしてみて下さい。 それでは、主要な7つのチャクラを詳しく見て行きましょう。  

  •  第1チャクラ
  •  第2チャクラ
  •  第3チャクラ
  •  第4チャクラ
  •  第5チャクラ
  •  第6チャクラ
  •  第7チャクラ
  •  まとめ
 
応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村ランキング

第1チャクラ

インド名:ムーダラーダ
元素:土
シンボル:4枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:赤(朱)
インドの神/女神/動物:プラフマー/ダーキニー/7本の鼻を持つ象

第1チャクラは肛門と生殖器の間にあります。あなたの根っこや物質界、家族とのつながりを司ります。「生存すること」や「成長すること」「安全」や「安心」に関わっています。

チャクラにはそれぞれ色がありますが、第1チャクラの色は赤色です。第一チャクラは、生命エネルギーである「クンダリーニ」が眠っている場所であり、生きるための基盤となるチャクラです。

このチャクラが調和していると、地に足がつき、安定感を持って人生を送れます。

第1チャクラが必要とするのは本能的なもので、具体的には住まいや食べ物、財産などです。このような生きるのに必要な物質的なものが満たされると、私たちは安心できますね。

しかし、幼少期に食べ物が十分になかったり、信頼でき、守ってくれる大人が近くにいなかった場合などは、第1チャクラの基盤が弱くなります。

第1チャクラが滞っている時のチェックポイント

 食べ物や物質的なもの、金銭的にも満足感を得られない
 人間関係が常に不安で、人に依存したり、人を信頼できなかったりする
 自分は孤独だと感じる
 生きる気力がない

このような項目に当てはまるのならば、第1チャクラが滞っているかもしれません。

第2チャクラ

インド名:スヴァディシュターナ
元素:水
シンボル:6枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:オレンジ/金
インドの神/女神/動物:ビシュヌ/ラーキニー/ワニと魚の伝説上の生き物マカラ

第2チャクラはおへその下、仙骨の上部にあります。生命力を象徴しています。活き活きと生きる為の性、感情、創造力などを司っており、幸せや喜び、健康の源と言える場所です。

第2チャクラの色はオレンジ色です。人間の欲求、ジェンダーにも関係があり、人生を豊かにさせ、想像力を磨かせるために必要なチャクラです。

このチャクラが健全に機能していると、自分の欲求を満たし、充実した人生を歩めるでしょう。美味しいものを食べたり、恋人と幸せな時間を過ごしたりし、喜びを感じられます。

生きることは素晴らしいことだという感覚があり、自分のやりたいことに向かっていけるでしょう。しかし、滞っていると人と触れ合う喜びを受け取れず、心にもハリがなくなってしまいます。

第2チャクラが滞っている時のチェックポイント

 異性からの愛情を素直に受け取れない
 優しく触られたり、いたわられるのに抵抗がある
 自分の人生を必要以上に厳重に管理する
 嫉妬や怒りなどの感情を抱えている
 人生を楽しむことに罪悪感を覚える

このような項目に当てはまるのならば、第2チャクラが滞っているかもしれません。

第3チャクラ

インド名:マニプーラ
元素:火
シンボル:10枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:黄色(黄金)
インドの神/女神/動物:ルドラ/ラーキニー/雄羊

第3チャクラはおへそと胸郭の最下部との間にあります。自分らしさや、決断、行動のチャクラです。思考、感情と消化・排泄することを司り、消化やストレスとも関係しています。

第3チャクラの色は黄色です。思い通りに楽しくいきたいと思うように生きる強さ、困難があっても成し遂げたい仕事をやりきるパワー、幸せになるエネルギーを与えてくれるチャクラです。

このチャクラが活性化すると、自分らしさを確立しようとします。自分の進む道の方向性を決めて行動に移します。他人と比べて自分はどうというのではなく、自分がしたいことをするので、自分で自分の価値を高められ、自信もついてくるでしょう。

しかし、滞っているとメンタルにも大きく影響するチャクラなので、不安になったり、ストレス耐性も低くなりがちです。

第3チャクラが滞っている時のチェックポイント

 胃が痛くなったり、下痢をするなど消化器系に不調がある
 ストレスを重荷に感じ、自分から行動が起こせない
 自分軸がなくなり、自信もなく、何かをしようという意志が弱い
 権威者に対して卑屈になりやすい

このような項目に当てはまるのならば、第3チャクラが滞っているかもしれません。

第4チャクラ

インド名:アナーハタ
元素:空気
シンボル:12枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:緑(若草色)
インドの神/女神/動物:イシャー/カーキニー/羚羊

第4チャクラは胸の中心部にあるハートのチャクラで、愛情や調和、思いやり、バランスに関係します。

愛情の交流や友人との交流など人とのコミュニケーションに関わり、色は緑色です。第4チャクラは7つのチャクラのうち、ちょうど真ん中に位置しています。

第3チャクラまでが物質の世界で、第5チャクラからが魂の世界。第4チャクラはその橋渡しをしています。

このチャクラのバランスが取れていると、相手への共感力が高まり、愛を与えることも受け取ることもできます。

このチャクラでいう愛とは、第2チャクラの性的な愛ではなく、もっと大きな無条件の愛になります。

他人とのつながりを感じられるようになり、孤独感や孤立感とは無縁です。

第4チャクラが滞っている時のチェックポイント

 私に価値はないんだという感覚がある
 拒絶を恐れ、人と仲良くしようと思わない
 排他的な考え方がひどくなり、自分の考えていることこそが正しいと思う
 人を許したり慈悲の心を持つことができない

このような項目に当てはまるのならば、第4チャクラが滞っているかもしれません。

第5チャクラ

インド名:ヴィシュッダ
元素:エーテル(アーカーシャ)
シンボル:16枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:ターコイズ
インドの神/女神/動物:サダーシヴァ/サーキニー/象

第5チャクラは喉のところにあり、色はターコイズブルーです。喉のところにあることからも推測できるように、コミュニケーションや、表現を司っています。自分の魂を「声」という形にして表すのです。

このチャクラが調和していると、他者とのコミュニケーションもスムーズにいくでしょう。また、自分の内なる声を聴いて、それを世界に表現できます。

自分の内なるものと自分の表現するものとが一致しているので、表現する際にもラクに楽しくできるでしょう。

自分の望んでいるものをはっきりと発信することで望んでいるものが引き寄せられてきます。

第5チャクラが滞っている時のチェックポイント

自分の気持ちを上手に発言できない
 発言しようとすると声が震えたり、喉が締め付けられる感じがする
 あなたが正直な気持ちを伝えないため、相手もあなたの気持ちがわからず、コミュニケーションが上手くいかない
 よく誤解される

このような項目に当てはまるのならば、第5チャクラが滞っているかもしれません。

第6チャクラ

インド名:アジュニヤー
元素:魂
シンボル:2枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:藍
インドの神/女神/動物:シヴァ/シャクティハーキニー/なし

第6チャクラは額の中央、いわゆる第三の眼がある場所です。睡眠時の夢を支配する力を持っていて、直感や洞察力、内的な導きを信頼すること、ひらめきやビジョンなどと関係が深いです。

色は藍色です。現実世界と見えない世界のゲートの役割を持っているので、いわゆる第六感の能力を開花するためには、第三の眼(第6チャクラ)の開眼が必要だといわれています。

このチャクラが機能していると、物事の本質を見抜く力が養われます。

インスピレーションや直感力も高まり、何か迷ったときにも直感で選べます。自分のビジョンも明確になり、迷いなく進むことが可能になります。

第6チャクラが滞っている時のチェックポイント

 鈍感で周りの状況が見えない
 人の言っていることに翻弄され、本質が見えない
 自分の未来に対しても明るい希望が見えず、高い目標を持つことができない
 行き詰まった感じがして、自由になりたいと思う

このような項目に当てはまるのならば、第6チャクラが滞っているかもしれません。

第7チャクラ

インド名:サハスラーラ
元素:魂
シンボル:千枚の花弁をもつ蓮の花
花びらの色:紫(菫・白・金)
インドの神/女神/の動物:シヴァ/シャクティ/なし・・・開眼した人を表す

第7チャクラは頭頂部にあります。神聖なエネルギーとのつながりをもち、宇宙とのつながりをもちます。

解放や、気づき、深い癒やし、霊性などを象徴しています。色は紫色です。

このチャクラは他の6つのチャクラが開くと自然に開いてきます。また6つのチャクラが開いていないと開きません。霊性や意識の拡大、悟りなどの進化成長に関わりの強いチャクラです。

このチャクラが活性化すると、高次元の存在とのつながりが強まるでしょう。宇宙に対して信頼を置き、自分の人生の流れに安心して乗れます。あらゆるものとのつながりを意識できるようになり、安心感に包まれるでしょう。

第7チャクラが滞っている時のチェックポイント

 見えない力を軽視したり、魂などを信じない
 大いなるものを信じられないので、自分の力だけで人生を渡っていかなければならず、余計な力が必要になる
 疲れるわりには、人生はうまく回っていかない

このような項目に当てはまるのならば、第7チャクラが滞っているかもしれません。

まとめ

第1チャクラから第7チャクラまでの意味と役割、滞っている時のポイントを解説しました。
それぞれのチャクラを健康的に機能させバランスを取ると、人生もよりスムーズに動いていくでしょう。

次回は、チャクラを活性化するセルフヒーリングのご紹介になります。
チャクラの特性を知り、調和させて、充実した人生を送っていきましょう。

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村ランキング

関連記事

  1. ウイルスに負けない、病気知らずの身体に!内側から強く美しくな…

  2. 1/fゆらぎの癒し効果~毎日がストレスフリーで快適になる!~…

  3. 人生の意味がわかる!アカシックレコードのリーディング方法とは…

  4. 自分でできるオーラヒーリングの方法とオーラカラーについて。

  5. 自分でできるチャクラヒーリング。瞑想、色、光のイメージワーク…

  6. 身体の痛みはあなたに伝えるメッセージ。原因とその対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP