バシャールの夢を叶える4つの法則

バシャール

みなさん、こんにちは。

みなさんには今、叶えたい夢や理想の自分像はありますか?そういう自分の夢や願望を、叶える法則があるとしたら、それこそ夢のような話ですよね。今回はそんな「夢」や「望み」を現実のものにできると言われる、バシャールの「1-3-5-7の法則」をご紹介していきます。

クリックで幸運パワーが流れるかもよ39mom
    ↓    ↓
    

バシャール

バシャールとは地球より高次な惑星、エササニ星の地球外生命体で、ダリル・アンカというアメリカ人のチャネラーが、1973年にロサンゼルスでUFOを目撃して以来、なぜかバシャールと交信ができるようになり、そのメッセージが私たち地球人の精神的な進化をサポートする、有意義なものであることから、注目を集めて、その名が広まりました。

バシャールは常に「本当に望む事は叶えることができる」と言っています。より簡単に早く夢を実現する法則をご紹介しますので、みなさんもぜひ試してみてください。

夢を叶える「1の法則」

「ありのままの自分を受け入れる」

何か具体的に行動に起こす前に、「ありのままの自分」を受け入れましょうという事です。誰にでも自分の好きな部分・嫌いな部分があります。

「自分が嫌い」「自分のこんな所がイヤ」

そう思っている方はたくさんいると思います。ですが、目を背けたい「自分の嫌なところ」を無くすことはできません。それも全部「自分」であるという事をしっかりと受け入れることが、夢を叶えていく第一歩であると、バシャールは言っています。今の自分も、夢がかなった後の自分も、同じ「自分」なのです。

自分の嫌なところを修正する前に、まずそんな部分も自分だと、自分を肯定して受け入れていきましょう。それが「1の法則」です。人と比較したり、仕事や勉強で挫折した時に、「自分ってダメだ」と決めつける必要はありません。人は人、自分は自分です。ネガティブな自分があるからポジティブな自分もいるのです。「ありのままの自分」をしっかり見つめていきましょう。

夢を実現させる「3の法則」

ここでは、夢を実現させるための3つ準備をしていきます。

① 夢がかなった自分をできるだけ細かいところまで鮮明にイメージします。

⇒自分の夢を漠然と「夢」にしておくのではなく、情報をあつめて具体的に視覚化することでリアルに近づけていきます。私たちの想像力は無限です。その想像力を使ってより細かいところまで設定することで、自分にトレースしやすくなります。

② イメージをしたときに「自分はどんな感覚や感情を覚えるのか」感じてみましょう。

⇒イメージした時にあなたはどのような感覚や感情を抱くのか。これはとても重要です。感動した・とても幸せという感情を抱くのであれば良いのですが、「思っていたのと少し違う」と感じるのであれば、1の法則に戻って「夢」を視覚化することや「夢自体」を見つめなおします。

③ そのイメージが現実になっていると思って行動をします。

⇒ここから実際に行動をしていくのですが、自分のイメージした設定が現実になっていると「思い込んで」日々の生活を送ってみてください。自分の行動や立ち振る舞い、物事を見る視線が変わってきます。「自分のなりたい自分はこう考える・こう行動する」それがなりたい自分への具体的な行動につながってきます。

夢を実現させる具体的な方法「5の法則」

5の法則は「夢を実現するためのリスクのない具体的な方法」です。

① まずは3の法則を実践します。

⇒3の法則が実践できていないと、さらに夢の実現を加速していくことができません。

② 夢へと踏み出す適切なタイミングを見極める事。

⇒人によって良い時・悪い時は違いますし、社会情勢が良くない・戦時中という時であればいくら行動を起こしてもうまくいきません。タイミングは非常に重要です。「思い立ったが吉日」という時もあれば、「果報は寝て待て」という時もあります。しっかりと見極めることが大切です。

③ 夢実現のための知識や情報をどんどん吸収しましょう。

⇒「なりたい自分」になるための情報や知識はあればあるほど、力になります。これは自分にとって有益な情報であるのでどんどん吸収していきましょう。ただしSNSやネットにはフェイクニュースもたくさんありますから、情報や知識の見極めも非常に大切です。

④ 自分を助けてくれる人とのつながりを作る。

⇒誰にでも困難な状況は訪れます。困難を乗り越えるためには人の手が必要なこともあります。私たちは「社会」という人が構成するコミュニティーで生活をしています。ですから、人とのつながりは必ず必要であり、大切です。

⑤ 夢の実現へ向けての決意

⇒夢の実現に必要不可欠なのは「絶対なる」という強い意志です。なりたい自分になる道は険しいものかもしれません。ですが「決意」を持って臨めば何があっても乗り越えられることができます。自分の強い意志をしっかりと持ちましょう。

くじけそうになった時の「7の法則」

夢の実現には困難がつきものです。そんな時には「7の法則」です。

① 深呼吸をしてリラックス

⇒忙しい・イライラする・疲れた・・・。
そんな時、呼吸は浅くなりがちです。一旦作業を止めて深呼吸をしましょう。胸のつかえがなくなり、感情も安定してきます。

② 夢を実現しようとしている自分に不要な考えを捨てます。

⇒「だから」「でも」そう言った言い訳につながるような考えは捨てましょう。夢の実現にはポジティブな考えが必要です。

③ 周りに向けていた意識を自分の内面へと向け、自分を見つめなおしましょう。

⇒他人と比較をしていないか考えてみましょう。人は人、自分は自分です。あなたにはあなたのペースやタイミングがあります。

④ 1の原理の「ありのままの自分」を受け入れましょう。

⇒自分を見失っていませんか。あなたはありのままで良いのです。背伸びをしたり、取り繕ったり自分を偽ることはやめましょう。

⑤ 今の自分は何を感じているのか

⇒落ち着きを取り戻したあなたはどんなことを感じていますか。このまま進んでいくのか、進路変更するのか、何か感じることがあるはずです。心の声に耳を傾けましょう。

⑥ 自分の気持ちが定まったら、夢の実現へと再び歩き出しましょう。

⇒自分の心や体の状態がよくなったら、再び行動に移していきましょう。その時気持ち新たに一歩を踏み出すことができれば、夢の実現に近づいている実感が湧くと思います。

⑦ 自分を助けてくれる人への感謝

⇒人は一人では生きていけません。助けてくれる人・見守ってくれる人・応援してくれる人。あなたの周りの人に感謝しましょう。

バシャールの1-3-5-7の法則は誰でも実践できる夢をかなえるための方法です。「なりたい自分」になるために、自分の人生を創造していくために、この方法を実践してみてはいかがでしょうか。
誰にでもチャンスは平等にあります。この動画を見たあなたは「今」がチャンスかもしれません。

クリックで幸運パワーが流れるかもよ39mom
    ↓    ↓
    

関連記事

  1. 【自己実現】夢を叶えてなりたい自分に!今すぐに実践できる、あ…

  2. あなたにもできる地球を愛と平和の星にする方法(Pay it …

  3. 恋もお金も手に入れる!効果的なアファメーションの作り方

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP