恋が実る?ストロベリームーン!射手座満月の過ごし方

射手座満月:ストロベリームーン:14日20:52

 

こんにちは。6月14日の満月は夜8時52分に射手座でお迎えしますね。この射手座の満月から皆様がハッピーに過ごしていけるように月のパワーを存分に活かせるおすすめの過ごし方をお伝えしていきますね。

6月の満月はイチゴの収穫期であることと、夏至の月の満月は地平線に一番近くなることから赤く見えることが多く、ストロベリームーンと呼ばれています。また、好きな人と一緒に見ると恋が実ると言われており、とってもロマンチックな満月です。そんなロマンチックを加速させてくれる射手座での満月はとっても楽しみですね。

クリックで幸運パワーが流れるかもよ39mom
    ↓    ↓
    

 

射手座のテーマ

射手座のキーワードは

自由奔放・冒険・大胆・ロマンティック・肯定的・楽天的・自然愛・単刀直入・信念・精神性・好戦的・大雑把・無礼・無神経

などが挙げられます。

射手座さんのグイグイとした推進力を感じるキーワードが並んでいますね!それもそのはず。射手座のエレメントは「火」。情熱や活発なエネルギーに突き動かされるような不思議な力があります。

ただし、今回の満月では、いつもの満月の過ごし方としておススメの、「落ち着いてゆとりを持って過ごす」ということとは相反してしまいます。ここは少し注意が必要ではありますが、射手座の持つパワーを存分に取り入れていきましょう。

前日の過ごし方が鍵に

今回の満月は、射手座の伸び伸びとしたパワーを存分に生かすためにも、前日の過ごし方が鍵になってきます。満月当日にゆとりを持って過ごすためにも、前日の間にできるだけ体も心もリセットしておくようにしましょう。

普段満月に行うようなゆったりとしたスケジュールを前日に行うイメージで過ごすといいでしょう。控えめなご飯を食べてゆっくりと湯船に浸かる・・・など。

ここまで全力で突っ走ってきたあなたならなおのこと、一度このタイミングで全てを空っぽにするつもりでゆっくりと過ごしましょう。アロママッサージなど人の手を借りてリラックスすることもおすすめです。

満月のパワーと射手座のワクワク感を思いっきり楽しむためにも、前日はできる限り静かに過ごして心を落ち着けるようにしましょう。また、当日にできる限りゆとりをもたせ、本能に忠実に動けるようにするためにも、服や持ち物の準備はあらかじめしておきましょう。

ストロベリームーンの瞑想

心と体が落ち着いたところで瞑想をすると前日までの準備は完璧です。瞑想の呼吸はいつもより細く長く、亀にでもなったつもりでゆ〜っくりと行うことで、より心身を空っぽにする実感を得ることができます。

心身ともに空っぽでニュートラルな状態を作っておくことで、翌日の満月に流れに身を任せて自分の思うがままに行動することができるでしょう。

射手座満月の過ごし方

さて、射手座満月の過ごし方ですが、準備は前日に万端の状態のはずなので当日に起こる全てを楽しんでいきましょう。日中はとにかく自分の気持ちが向くことに取り組むと、満月の勢いを最大限に生かすことができます。

自分に素直になることが開運の鍵となります。

日中に射手座満月のパワーを出し切ったら、夜は今までの成果の振り返りと、感謝すべきことを思い出してみましょう。もちろん成果だけでなく、うまくいかなかった結果に対しては何がよくなかったのかを考えて、前向きに今後の対策を考えていきましょう。

満月を生かして切り替えて行こう

満月の浄化のパワーで、いい結果は素直に受け取ることができますし、うまくいかなかったことも前向きに改善案を考え気持ちを消化していくことができます。射手座満月は心のモヤモヤを浄化し、ワクワクした気持ちで満たすことにピッタリのエネルギーです。

いつもは悩みがちで心配性・ネガティブ思考だと感じていても、ここで自分を前向きに切り替えていくチャンスです。ぜひ今回の満月を活かして毎日ワクワクとした気持ちで過ごせる自分を目指してみてくださいね。

クリックで幸運パワーが流れるかもよ39mom
    ↓    ↓
    

関連記事

  1. 【新月の祈り】ハッピーを呼び込む!しし座新月に効果的なお祈り…

  2. やぎ座満月でハッピーを呼び込む過ごし方🌙エク…

  3. 【占星術】月食と日食が私たちに与える影響は?テーマは?【ドラ…

  4. 【新月の祈り】ハッピーを呼び込む!いて座新月の過ごし方

  5. 恋が叶っちゃう?ピンクムーン!天秤座満月の過ごし方

  6. どんどん幸せになる開運する満月の過ごし方~2022年乙女座の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP