【 2022年以降の予言 】誰にもロシアを止めることはできないババヴァンガさん【 国家機密扱いの予言 】

ババ・ヴァンガさん

  •  アドルフ・ヒトラーの訪問を受けるほどの予言者
  •  予言は国家機密扱いに
  •  2022年の予言
  •  40年以上前にウクライナ侵攻を予言
  •  2022年の予言
  •  近未来の予言

動画で見る方はYOUTUBEからどうぞ。記事と同じ内容になります↓

 

みなさん、こんにちは。

今回は、「女性版ノストラダムス」と言われるババ・ヴァンガさんについてお話していこうと思います。ババ・ヴァンガさんは1911年にブルガリアに生まれ、12歳の時に竜巻に飲み込まれて怪我をし、失明し盲目となりました。それ以来、普通の人には見えない不思議な存在が未来の出来事を教えてくれるようになったそうです。ブルガリア語で「ババ」とは、おばあちゃんの意味で、多くの人に支持され1996年8月11日に亡くなるまで様々な予言を残しました。

クリックで幸運パワーが流れるかもよ39mom
    ↓    ↓
    

アドルフ・ヒトラーの訪問を受けるほどの予言者

彼女のすごさは予言のその的中率にあり、70~80%と言われております。第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソビエト連邦崩壊、ダイアナ妃死去、911同時多発テロ、リーマンショックの発生、スマトラ島沖地震、福島原発、バラク・オバマ大統領当選など予言しました。現在の世界的感染症蔓延も予言したと言われています。「2011年北半球の生活が放射能で壊される」という予言が、当初は核戦争の勃発と思われていましたが、後に福島原発事故のこととわかりました。ヨーロッパで絶大な支持を得ていた彼女は、生前アドルフ・ヒトラーの訪問を受けて戦況の推移を尋ねられたこともあるそうです。

予言には比喩的な表現が多く、例えばアメリカ同時多発テロ事件については、「アメリカで鉄の鳥が双子に衝突して多くの人々が亡くなる」と予言。鉄の鳥は飛行機で、双子は世界貿易センタービルと考えれば事件と一致しています。また、オバマ大統領当選についても「第44代アメリカ大統領は黒人で、彼が最後の大統領となる」と予言していましたが、その後も大統領がいますので、「最後の大統領」という部分が何を指すのか謎のままです。

予言は国家機密扱いに

そんな彼女の予言は彼女の死後、ブルガリア政府によって国家機密扱いにされました。予言の多くが衝撃的な内容だったためと言われています。その後2014年にブルガリアで政権交代が起こり、予言の一部が解禁されました。その内容は地球環境の大きな変化、戦争、人類滅亡を思わせるものも含まれていて、5079年に人類が現在の地球から、別の宇宙へ行くために世界が終わると伝えています。

2022年の予言

彼女は2022年について、どのような予言をしているのでしょうか。

新しい感染症の蔓延があり、発見者はシベリアの科学者
今年は深刻な水不足が起こり、世界各国の都市で飲料水が不足する
河川の汚染が進み、アジアとオーストラリアは津波の大きな被害に見舞われるだろう
人々がスマホやPCを見る時間が長くなり、現実世界と仮想世界の境目が曖昧になる

感染症の蔓延はすでに流行中の感染症とは別の新しい感染症が発見されることになるのでしょうか。現在地球温暖化にてシベリアの永久凍土が溶け出している問題があります。その中から古代に流行した流行り病が溶け出し、蔓延することも考えられなくはありません。

地球温暖化による水不足や河川の氾濫・洪水はずっと危惧されていますが、それが今年起こることを予言しています。現代人のPC・スマホ見すぎ問題はずっと懸念されています。現実世界と仮想世界の区別がつかないというのも納得できますね。

2022年もなかなか安心できませんが、しっかりと対策を打っておけば心配することはないと思います。彼女の予言の内容がなんとなくわかる社会の流れが起きてしまっていますが、それに抗うのではなく、事前に対策を取って対処していきましょう。

40年以上前にウクライナ侵攻を予言

英紙「Daily Post」によると、1979年にババ・ヴァンガさんは次のような予言を残しています。

氷のように全てが溶ける。しかし、一箇所だけ手つかずの領域が残るだろう。それは、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光である。
多すぎる犠牲者が出るが、誰にもロシアを止めることはできない。
ロシアが全てを取り去ってしまう。そして、ロシアは残るだけではなく、世界の覇者となる。

ウラジミール・プーチン政権がはじまる20年前に名前を言い当てていることにも驚きです。そしてまさにこの政権で戦争が勃発し勝利を得るかのような内容です。これ以上の犠牲者が出ないように祈るばかりです。

彼女の予言はまだ続き、近未来に起こる明るい予言も残しています。

近未来の予言

2023年地球の軌道が変わる
2028年新しいエネルギー資源が発見される
2033年極地の氷冠が溶け、世界の水位レベルが上昇する
2043年経済は良好。イスラム教徒がヨーロッパを動かすことになる

この中で直近の予言が地球の軌道が変わるというものです。文字通りであれば、地球環境に大きな変化が生まれてその結果、異常気象や自然災害が起こることも考えられますから、この予言は起きてほしくないですね。

新しいエネルギー資源の発見や経済について明るい話題もあることから、予言は決してネガティブな情報ばかりではありません。世界的にもSDGsという取り組みが活発になり、地球環境に対して本腰を入れて対策をとるようになってきました。そうした良い流れに乗って私たち自身でも意識を高めれば、ネガティブな予言を回避することにつながるのではないでしょうか。

2100年以降になると、現実離れしていて、現代の私達では想像がつかないような予言が増えていきます。

2100年人口太陽が地球の暗がりを照らす。
2111年人々はロボットになる。それはおそらくアンドロイドのようなもの。
2130年エイリアンの力を借りて水中で生活する文明が生まれる。
2288年タイムトラベルが可能となる。エイリアンとの遭遇がある。

彼女は5079年を世界の終わりとし、そこまでに起こるであろうことを予言しています。5年前に世界的な感染症の蔓延や先進国による戦争が予想できなかったように、遠い未来では今の私達には予想もできないような事が現実に起こるのかもしれません。

ババ・ヴァンガさんの予言は100%当たってきた訳ではありません。これから起こる未来は誰にもわかりませんが、2022年は主に環境問題や自然災害で警告しています。私たち一人一人の生活が世界に影響を与えているという意識を高めたり、この機会に防災について改めて確認してみるのも、いいかもしれませんね。今でき得る対策を実践していきましょう。

クリックで幸運パワーが流れるかもよ39mom
    ↓    ↓
    

 

関連記事

  1. 【アビギャ・アナンド君】新型コロナウイルスのパンデミックを予…

  2. 【アビギャ・アナンド君】コロナパンデミックスを予言したインド…

  3. 【2022年5月からの警告】アビギャ・アナンド君の最新予言と…

  4. 【ジュディへブンリーさん】世界のトップが信頼するサイキックが…

  5. 【アビギャアナンド君】コロナを予言したインド占星術師が助言す…

  6. 【アビギャ・アナンド君】ロシアウクライナ問題、第三次世界大戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP